うつ病チェックで高校生を守ろう【大変ポピュラーな精神疾患】

サイトメニュー

本人に病気の自覚が少ない

医者

家庭不和や学校の悩み

うつ病は大変ポピュラーな精神疾患のひとつなので、思春期の年代の高校生も病気に罹る可能性があります。これぐらいの年代のお子様は、体の変化が原因でホルモンバランスが崩れやすい傾向があります。学校では友人や教師との関係に悩んでいたり、勉強が大変になってきたり、就職や進学などの進路の悩みも出てくる時期です。親御さんが共働きで忙しく、コミュニケーションがうまく取れていない場合でも、孤独感や不安などから病気を発症することもあります。高校生のうつ病チェックは、朝は気分が優れず布団から出られなくなったり、精神的にイライラしたり、涙もろくなる、学校に行きたがらないなどの兆候が見られます。高校生の場合は大人とは違い、病気を自覚していないことも多いため、お子様の変化に気付いたら、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などでうつ病チェックを受けて下さい。比較的病気の程度が軽い場合であれば、通院による治療が中心になります。お子様の場合も抗うつ剤や抗不安薬などを処方されますが、比較的副作用の少ない薬を提案してくれます。うつ病は放置をしておくと、症状が悪化してしまい、不登校や引きこもりなどの原因になります。親御さんが説得をして通院をさせることが大事です。以前の日本に比べると高校生を取り巻く環境が大きく変化しています。両親が共働きで忙しかったり、シングルマザーやシングルファーザーの家庭で育っている人も増加しています。現代はインターネットが普及をしており、SNSなどでストレスを感じている人も少なくありません。高校生がうつ病に罹る原因は、両親の離婚などの家庭環境の不和、学校の人間関係のストレス、両親からの期待などのプレッシャーなどもあります。現代は両親が忙しいため、不安や悩みを一人で抱えているお子様の少なくありません。意欲や気力の低下、気分の落ち込み、イライラや緊張、不安などを感じやすい場合は、うつ病に罹っている可能性があります。お子様に気になる兆候が見られる場合は、精神神経科の病院やクリニックで、うつ病チェックを受けて下さい。うつ病は早期に発見して、治療を受けることで回復を速める効果があります。お子様が学校に行きたがらなくなったり、動悸や耳鳴り、生理不順などの体調不良を感じている場合は、精神神経科の病院やクリニックで、問診やカウンセリングなどのうつ病チェックを受けさせましょう。高校生などのお子様の場合は、学校に行くのが辛い場合は一時的に休学をさせることもあります。

理解をすることが第一歩

男性

うつ病には種類がありますので、うつ状態だけの場合と躁状態も起こることもあるので注意が必要です。また高校生などもうつ病チェックによって日常的なことからわかってくるので、偽らずにチェックをして理解を得ることが大切です。

詳しく見る

症状を知ることが大切

カウンセリングを受ける男性

高校生はネット上のうつ病チェックをしないことの方が多いものです。しかし、遊び感覚で試すこともあるでしょう。もし、チェックに引っかかったとしたら、精神科を受診しなくてはならないかもしれません。不安な人は親と一緒に受診してみましょう。

詳しく見る

精神神経科を受診させる

看護師

高校生は学校で人間関係や学業、進路などの悩みを持っています。家庭環境が悪く、過度なストレスを感じていると、うつ病を発症することもあります。インターネットなどでうつ病チェックが受けられるので、いくつか該当する場合は精神神経科を受診しましょう。

詳しく見る

セルフチェックをしてみる

カウンセリング

高校生でもうつ病になることはあります。まず、インターネットなどでできるうつ病チェックを受けてみましょう。無料で試せるのでおすすめです。ここでチェックが当てはまるようなら専門のクリニックを親と一緒に訪れましょう。

詳しく見る

人気記事

看護師

精神神経科を受診させる

高校生は学校で人間関係や学業、進路などの悩みを持っています。家庭環境が悪く、過度なストレスを感じていると、うつ病を発症することもあります。インターネットなどでうつ病チェックが受けられるので、いくつか該当する場合は精神神経科を受診しましょう。

カウンセリング

セルフチェックをしてみる

高校生でもうつ病になることはあります。まず、インターネットなどでできるうつ病チェックを受けてみましょう。無料で試せるのでおすすめです。ここでチェックが当てはまるようなら専門のクリニックを親と一緒に訪れましょう。

Copyright© 2018 うつ病チェックで高校生を守ろう【大変ポピュラーな精神疾患】 All Rights Reserved.